任何时候都要谨记的一句话:Sign no more.

病名曾为爱

词曲:


Neru




余命数か月ばかりの恋に




在余生只剩数月的恋情中




点滴で扶養する患者達




由点滴抚养的患者们




被害者の甘い期待を弔い




怀念于被害者甜蜜的期待




悔悟の機会を躊躇うドクター




犹豫着悔悟机会的医者




所以など行方知らず




原因什么的都没有踪迹




未知の病巣に臥す患者達




躺在未知的病房中的患者们




発熱が死因




发热是死因




然れば早期に




早知如此在初期就有所预感




躊躇すべきだったと知る放火犯




察觉到这些的纵火犯




この心に穴が空いたくらいなのに




这颗心早已空空如也




たったそれだけの違いなのに




明明只有这点区别而已




貴方の背中に滲んでく涙痕が




渗入你脊背的泪痕




枯れそうもないのはどうしてなの




为何没有干涸的痕迹




病名は愛だった




病名为爱




今はもはや持ち腐れの恋に




向着如今早已无用的恋情




些事な延命を乞う患者達




祈求着延长些许生命的患者们




加害者の荒い治療に耐えたい




想要承受加害者粗暴的医治




伴侶たる者はと覚るペイシェント




被认作同伴的病人




赤い糸を固結び




将红线打成死结




故に首を絞め合う患者達




由此互相勒着脖子的患者们




呼吸が出来ない




无法呼吸




然れど解けない




也无法解开




本旨に反す麻酔に縋っている




依赖着违反本意的麻醉




ただ心の溝をそっと覆いたくて




明明只是想要悄悄掩藏心中的那道沟




たったそれだけの違いなのに




明明只有这点不同




どのガーゼを充てたとしても代えられない




无论敷上多少纱布都无法替代




貴方の温もりを待っている




我期盼着你的温暖




病名は愛だった




病名为爱




美しい嘘に騙されて




深陷于美好的谎言




会に合わぬ花に成り果てて




沦落成不再相见的花




緩やかに迫る死期ですら




即使是缓缓接近的死期




フィナーレのように見違える




都错认为是即将结束的终章




浅ましい夢に化かされて




迷惑于可怜的梦境之中




不例な病に祟られて




遭到欠安之病的恶果




息も絶え絶えな恋心




爱恋的心日渐衰竭




その死に目を綴った




面对死亡缝上了双眼




「病名は愛だった」




病名为爱




歌词:柴子鸡    翻译:巳暮


歌词来源网易云






等待你的温暖那句真的很戳泪点啊




私以为这首歌想述说的并不是如同字面意思上的“两个病患相爱的故事”(虽然这样理解会更加虐心)。可以这样推测是两个人陷入了病态的爱情里,双方都为此挣扎不休,绝望哭喊,却最终无法治愈彼此内心的伤痛。无论分开还是陪伴,伤口都无法愈合。

https://www.bilibili.com/video/av14661594/?t=119

评论
热度(3)

© Error finding | Powered by LOFTER